ameba の『いかがわしいマッサージの日々…時々、アタシとトン ヨンベ』を 窮屈になったので FC2ブログに移転しました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイさんという方が、最近までいたような気がしましたが、

もう、今日はいません。


韓国サカスリが好きすぎる…の方とかぶってしまいましたが、

Sさんです。

本当はホさんがよかったのですが、

今日はいないと。

6/30土曜日のことです。

お仕事中だったのかもしれません。


15分くらい前に予約したカンジです。

土曜日の職安通りというんでしょうか、あの いまだ韓流ブームまっただ中…歩くのもままなりません。


そんな通りから、駅の南口、一本通りを入った先にあります。

Uと較べるとマンションそのものが汚い(管理がゆきとどいてない)のが気になります。

ま、初めて じゃないんですけど…




入ると脱ぐよう促され、その後ろでSさんも全裸になっておられます。

興奮します。

この時点で、既視感を覚える景色…あのブログの追体験です。

狭い風呂で洗われるわけですが、

まだ、Sさんの顔もみないほど恥ずかしく (前述参照)

チラチラ局部を眺めたりします。

韓国人らしく先は切ってあり、ややおおぶりな印象

肌はやや黒く (日サロ?)キメは細かく、シミもありません。

私は30歳以下(27歳と推察)、ま、私にはどーでもイイのですが。

顔はカラテカの入江を細面にした印象…コレを不細工とするかは人それぞれ

私は、韓国人顔が嫌いではないので、及第点

むしろ、髪がボサボサ(短めではあるが)なことが少し失点

カラダは細身の筋肉質、細い=脂肪がないので、当然腹筋は割れているし、

毛のないカンジや臍の凹みまで好きなカンジ


洗われるのはチョット苦痛…こっちは大きくなっちゃうし

さっきお通じした後の紙とかついていないかしら…(前述参照…)とか

オシッコしたかったので、洗われたあとにしました。

で、カラダ拭いてくれて。



タオルは気持ちよく乾いていて

音楽はPCから流れてくるK‐POP

たまに、PSYと思われる曲(第5集でない)が流れてきて、欲しいなぁとか。

この前きたときは、GUMMYだったり。


Sさんは全裸のままで、こちらはうつ伏せでマッサージ開始。

背中をドライに始め、私の頭の上にチンや玉がもそもそのったり

酷いと頬をタマが撫でていったり…

私の評価は、そんなややエロ目なテクニックより、

マッサージが気持ちよかった。

そして、すぐにたっぷりのオイルマッサージになり

ちょいちょいエロははさみますが、

ま、マッサージを堪能しました。


珍しく、

ケチって足裏をいれなかったのが、ちょっと後悔。

手をするときには

私のブログを読んだのか!というような、チンやタマを触らせながらしてました。

仰向けにされて、

エロマッサージにうつりました。



どうやってそうなったかはうろ覚えだけど

何だか、こっちが咥えさせられてだいぶ奉仕した。

色色舐めまくって…、中心部はやや甘いかった♡

それも、嫌がられず、

GAYなのか、男とするのは嫌じゃない人なんでしょうね。ずっと勃ってましたし。

相手はオーラルはしなかったかな。


結局、ベッドサイドに立って乳首やら棒をいじられる体位となりましたが、

私も色々奉仕したので、スマタをさせました。

結構、向こうは腰おしつけてきました。

カラダが密着すると、こちらも興奮するのです。

私は、結構努力しないと、シゴかれるだけではイカないので(+乳首を弄られて、向こうも勃ってればイケるかな)

一方、特殊な形状をチンはしているので、押しつけられるのがすきで、

そのうちイキました。

一生懸命シゴくより、マッサージする人も楽だと思います。


先にSさんがシャワーを浴び

「待ってて」といわれ、無性に眠くなりました。


それからは、また洗われ

向こうはまだ、「勃ってる…」と。こっちも勃ってたが

「大きいね」と言われましたが、リップサービスか?

世界には(日本にも)もっと大きい人がいるので…私には何ともいえません。

「タチですか?」とも言われましたが、

カワイイとタチりたくなるし、抱かれたい・捧げたいという人もいます。

面倒なので、そんな事は答えません。

一応、お茶など出され、形だけいただきました。


アナルはしきりに弄ろうとされていたので(それは私がしたいっ!)

そんな期待感で臨まれてもイイかもしれませんね。

私は、ホさんを体験した後なら、もう一度お手合わせいただいてもイイとおもいました。



そういえば、手や腰の位置はかなり直されたワ…

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dongyoungbae.blog.fc2.com/tb.php/14-7e4904b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。